【ダビマス攻略】おっさんのコメントでわかる配合理論のまとめ

配合理論とは、ダビマスで強い馬を作るためには避けては通れぬ、絶対といっていいほど覚えておきたい知識です。配合時の血統の構成によりある条件を満たしていれば成立します。成立すると、仔馬の能力を上昇させる効果があります。




配合理論

配合理論

配合理論

インブリード

クロス(インブリード)とは近親配合を意味します。
父と母の血統の5代目までに同馬がある場合にクロスが成立します。クロス(インブリード)成立時には種付の際、種牡馬選択一覧を見たときに薄いオレンジ色になっているので判断しやすいです。。
クロスインブリード
クロスが効いている場合に因子を確認すると引き継がれる因子が点滅しているので大変わかりやすくクロスを確認することができます。
クロス因子

アウトブリード

アウトブリードとは近親配合じゃないことを意味します。
種付の際に、アウトブリードは種牡馬選択一覧を見たときに白背景になっているのでわかりやすいです。アウトブリードで配合すると因子は引き継がれませんので覚えておいてください。

アウトブリードにもメリットがあり、親の能力は継承しづらいですが丈夫な仔が生まれますので、クロスで配合を続けていく中で丈夫な血統を入れたい場合にアウトブリードも有効といえます。

アウトブリード

ここでは配合理論の基本的な仕組みと効果のご説明をいたします。

確実に理解し最強馬を作ろう!

おっさんのコメントと配合理論一覧

種牡馬と繁殖牝馬の種付の際、該当の馬を選択したら上部に牧場のおっさんがコメントをしてくれます。コメントの意味をご説明いたします。

完璧な配合

クロス効果がさらに強く増幅され根性が加わった仔馬が誕生します。
完璧な配合

見事な配合と面白い配合が同時に成立した場合に起こる配合です。
根性があり、クロスの効果も増幅された馬が誕生する確率が上がります。
完璧な配合

見事な配合

見事な配合では、クロス効果がより一層強めに引き継がれた仔馬が誕生します。
見事な配合
見事な配合とは、クロス(インブロード)の効果がより強く継承された仔馬が生まれます。「よくできた配合」よりも優れた配合になります。

見事な配合

種牡馬の5代先祖馬8頭のうち、左画像の青部分4頭と、右画像の緑部分の繁殖牝馬の4代祖先馬4頭が対象で父方の対象馬の系統構成と母方の対象馬の系統構成が同じであれば成立する配合です。この配合で生まれた仔馬は、クロス効果がより強く継承する傾向があるようです。

よくできた配合

よくできた配合では、クロス効果が強めに引き継がれた仔馬が誕生します。よくできた配合

よくできた配合
種牡馬の5代先祖馬8頭のうち、左画像の青色部分4頭と、右画像の緑部分の繁殖牝馬4代先祖馬4頭が対象で父方の対象馬の系統構成と母方の対象馬の系統構成が3種類同じであれば成立する配合です。この配合で生まれた仔馬は、クロス効果が強めに継承する傾向があります。

面白い配合

面白い配合では、勝負根性のある仔馬が誕生します。

面白い配合
種牡馬の4代祖先馬までの4頭(左画像の緑色部分)と繁殖牝馬の4代祖先馬までの4頭(右画像の緑色部分)合計8頭の祖先馬に親系統が7種類以上ある配合です。
この配合で生まれた仔馬は勝負根性のある仔馬が生まれる傾向が強いです。

omo2

危険な配合

弱い仔ばかり生まれますのでやらない方がいいです。
危険な配合とは、種牡馬の父と繁殖牝馬の父が同じ(2×2)などで、同名の親の血が濃すぎる場合の配合です。気性が荒くなったり、ケガがしやすい虚弱体質になるので避けた方がいいです。

危険な配合というくらいに危険です。

良い馬を配合していけば必ず勝利することができます

配合理論のご説明をいたしましたがこの基本をしっかり知識として覚え、完ぺきな配合で強い競走馬を誕生させていくことが大切です。

同種牡馬、同繁殖牝馬での配合で毎回同じ馬が生まれるかというとそれは違う気がしますが、正しい配合理論の実践していけば、良質な馬が誕生しますので勝率アップへつながり、殿堂入りする近道といえます。

また、ゲーム進行での厩舎、環境、調教やなどの外的要因も加わりますので、良い馬が100%走るのかというのも違うと思われますが、悪い配合の馬さえ作っていかなければ必ず良い結果を生み出しますので根気強くプレイをしていってください。

人気記事一覧

よく読まれている人気記事一覧